イベント情報

 

 

イベント情報

ピックアップコンテンツ

管理施設

 

       

 

第10回 おかやま文化フォーラム 完結編「歴史の実像を求めて地域と歴史資料」聴講者募集

2022/7/21(木)

  

  

 このフォーラムは平成23年(2011)に開始し、古代から近世までの岡山と日本の歴史の実像を多角的に見てきました。

 今回は全編を通じての完結編として、現代に生きる我々の証言や口伝が将来の歴史像にどう活かされるかという試みや、古代の戸籍から家族の実態を明らかにした研究などを紹介し、歴史資料と歴史の実像の見方を考えます。

〇日時

 令和4年10月29日(土)

 午後1時~4時

(開場午後12時30分)

〇会場

 岡山県立美術館ホール

 定員 100人〔要整理券〕

〇講師

 大門正克(早稲田大学教育・総合科学学術院特任教授)

 今津勝紀(岡山大学文明動態学研究所教授)

 倉地克直(岡山大学名誉教授)

〇参加方法

 電話、FAX、メールまたはハガキで、

 「文化フォーラム申込み」の旨と氏名・住所・電話番号を明記のうえお申し込みください。

〇締切

 令和4年10月14日(金)

 なお、申込み多数の場合は抽選になります。定員に満たない場合は引き続き募集します。

☆新型コロナウイルス感染症の状況によっては変更となる場合もあります。

      お申し込み・お問い合わせ先

    〒700-0822 岡山市北区表町1-7-15 702

(公財)岡山県郷土文化財団

電話:086-233-2505 Fax:086-232-4329

mail:o-bunka@utopia.ocn.ne.jp

    

 

岡山県立美術館 テーマ展「内田百閒」のご案内

2022/10/6(木)


 10月23日(日)に開催する《 Drawing Melodies 2022~響き合う表現~ 》では、仕立て屋のサーカスで知られる音楽家曽我大穂氏が、岡山を代表する文学者のひとり内田百閒(1889-1971)をテーマにパフォーマンスを行います。
それに合わせて岡山県郷土文化財団の協力により、内田百閒の代表的な著作や揮毫作品を紹介します。百閒は、箏曲家宮城道雄(1894-1956)と親交し箏を学び、箏曲を題材にした作品を著したほか、「無伴奏」や「サラサーテの盤」など楽曲とつながる作品や音を表現しようとしたと評される名句があり、音楽にも造詣が深く、関心を持っていたことがわかります。百閒を通じて、“文学”と“音楽”の響き合う表現に興味をもっていただければと思います。

 

 

クリックすると大きくなります。

〇会期

 令和4年10月4日(火)~11月6日(日)

 

〇会場

 岡山県立美術館 2階 展示室内

 

☆常設展「岡山の美術」展入館料でご覧いただけます。

☆開館時間、休館日は美術館のホームページなどでご確認ください。

☆内田百閒展示品に関するお問い合わせは岡山県郷土文化財団までどうぞ。[平日 9時~16時 086-233-2505]

    

 

 

 

財団NEWS
バックナンバー
財団について
財団の概要
財務に関する資料
イベント情報
県内文化施設の
イベント情報
刊行物紹介
出版物
犬養木堂関係資料
岡崎嘉平太関係
「内田百閒文学賞」
受賞作品集
映像シリーズ
内田百閒文学賞
岡山県民愛唱歌
事業内容
普及啓発事業
地域文化振興事業
文化財等
保護活用事業
受託事業
ご入会のお願い
割引施設一覧