イベント情報

 

 

 

イベント情報

ピックアップコンテンツ

管理施設

 

イベント情報

 

林原美術館特別展「金重陶陽没後50年展」岡山県立博物館「備前刀-日本刀の王者-」2館を巡る特別解説会を開催します。

2017/8/28(月)

 

 このたび、林原美術館で、特別展「金重陶陽 没後50年展」(①)が9月16日(土)から11月12日(日)まで、また、岡山県立博物館で、特別展「備前刀-日本刀の王者-」(②)が9月8日(金)から10月15日(日)まで開催されます。

 ①は、今年が金重陶陽没後50年にあたることから開催される特別展で、「小田巻獅子香炉」など初期の細工物から「三角花入」や「肩衝茶入」などの茶陶、「手付鉢」をはじめとする食器類など、陶陽の代表作約90点に加え、当時の人々との交流を示す手紙や書画なども合わせて展示されます。現代備前に多大な影響を与えた陶陽の業績をしのぶものです。

 また、②は、鉄の芸術といわれ世界的にも高く評価されている日本を代表する美術工芸品であり、近年、刀剣ブームが社会現象となり注目を集めている日本刀の魅力を「刀剣王国備前」「備前長船」「備前刀の伝統と展開」「21世紀の備前刀」の4章に分けて紹介し、約80点を展示するものです。

 これらのすばらしい展覧会が同じ時期に開催されることから、文化財団では2館を巡る

特別解説会を下記のとおり開催することにしました。岡山県を代表する文化財である「備前焼」及び「備前刀」に触れるよい機会になると存じますので、ぜひご参加くださいますようご案内いたします。

 

 

 ○開催日時  平成29年9月21日(木)

         林原美術館   午後1時~午後2時

         岡山県立博物館 午後3時~午後4時30分

        

 ○会  場  林原美術館

        所在地:岡山市北区丸の内2-7-15 電話:086-223-1733

        岡山県立博物館

        所在地:岡山市北区後楽園1-5 電話:086-272-1149

 

 ○講  師  林原美術館   主任学芸員   橋本  龍氏

        岡山県立美術館 学芸員(主幹) 佐藤寛介氏

 

 ○定  員  30名

 

 ○参 費  それぞれ入館料のみご負担ください。(裏面参照)

 

 ○そ 他  林原美術館での解説会終了後、午後3時までに岡山県立博物館まで各自お越しください。

 

    

 林原美術館

一  般

(文化財団会員以外)

文化財団会員

一 般

700円

560円

65歳以上

700円

560円

高大生

400円

320円

小中学生

200円

160円

障害者手帳をお持ちの方とその付添の方1名

無 料

無 料

林原美術館友の会

会員と同伴者1名

200円

200円

 

 岡山県立博物館

一  般

(文化財団会員以外)

文化財団会員

一 般

650円

460円

65歳以上

320円

220円

高校生以下

無 料

無 料

障害者手帳をお持ちの方とその付添の方1名

無 料

無 料

博物館友の会会員

 

無 料

無 料

 ○申込方法 はがき、ファックス、Eメールまたは電話にてお申込みいただけます。以下の事項を文化財団までお知らせください。

○ご本人のみ参加の場合

①郵便番号②住所③氏名④年齢⑤電話番号⑥林原、県博友の会会員有無

○複数人数参加の場合

 代表者の

①郵便番号②住所③氏名④年齢⑤電話番号⑥県博友の会会員有無

 代表者以外の

③氏名④年齢⑥県博友の会会員有無

申込締切 平成29年9月15日(金)

申込先

〒700-0822 岡山市北区表町1-7-15 702号

(公財)岡山県郷土文化財団 特別解説会係

電話086-233-2505 FAX086-232-4329

email o-bunka@utopia.ocn.ne.jp

  

岡山後楽園で能をたのしむ会を開催します。

2017/8/28(月)

 

 今年で26回目となる恒例の「岡山後楽園で能をたのしむ会」を平成29年10月7日(土)に開催します。

   

   ※詳しくは↓をクリック!

  

  

 ページのトップへ戻る 

 

財団NEWS
バックナンバー
財団について
財団の概要
財務に関する資料
イベント情報
県内文化施設の
イベント情報
刊行物紹介
出版物
犬養木堂関係資料
岡崎嘉平太関係
「内田百閒文学賞」
受賞作品集
映像シリーズ
内田百閒文学賞
岡山県民愛唱歌
事業内容
普及啓発事業
地域文化振興事業
文化財等
保護活用事業
受託事業
ご入会のお願い
割引施設一覧