事業内容

事業内容

ピックアップコンテンツ

管理施設

 

普及啓発事業

 

広報誌「きび野」の発行

苗木の交付の写真

年4回発行 A5版14ページ

 

財団ニュース「お知らせ」の発行

各種行事の案内等を随時発行(会員向けに配布)

 

 

現地研修会の開催

自然や文化財を現地に訪ねて学習するとともに、優れた美術品の鑑賞会を開催しています。

 

おかやま文化フォーラム

文化は歴史の中で成り立っており、郷土の歴史を知ることは郷土の文化を理解する基盤づくりとなり、また郷土の歴史文化は郷土愛を育むとともに、岡山県人としての自意識や誇りを持つために非常に重要なファクターです。そこで、我々の郷土岡山には古代吉備だけでなく、新見庄・鹿田庄など全国的にも知られた中世の荘園や山城をはじめ、法然・栄西といういわゆる「鎌倉新仏教」の祖を輩出するなど社会的、文化的にも優れた素地を持ちながらもあまり知られていない歴史があり、それらを改めて振り返るとともに、岡山の文化の源を考えることを目的にシリーズで開催します。

 

郷土文化講座の開講

歴史をはじめ、自然や文化など幅広く郷土岡山にまつわる話題について学識経験豊かな方々から日頃の研究成果や経験に基づくお話しをしていただきます。

岡山県生涯学習大学の連携講座となっています。

 

「岡山の自然と文化」の発行 

岡山を物語る貴重な記録として郷土文化講座の内容を編集・発行しています。
A5版250~470ページ

最新号(2016.3.31発行)第35号

(目次)

・自然災害への備えについて

・中世荘園の世界-新見の庄と東寺百合文書-

・倉敷市所蔵「薄田泣菫文庫」資料をめぐって

・第五回おかやま文化フォーラム『今、中世の実像を求めて信仰世界の「こころ」と「かたち」』

バックナンバー一覧

 

出版事業

実費販売を原則としています。会員価格も設けています。

 

難波文庫の閲覧

岡山における植物研究の第一人者であった、故難波早苗氏が収集された植物に関する文献12,360冊を同氏の生前に譲り受け、「難波文庫」として岡山県立図書館に寄託して閲覧に供しています。

 

難波植物標本

難波早苗氏が岡山県内の山野から採取された植物標本11,000点を文化財団にご寄贈くださいましたので、岡山県自然保護センターで分類整理し保存しています。

 

郷土資料の収集、整理・保存、公開

大災害、過疎・高齢化等だけでなく相続人、住民、地域社会の認識不足による歴史的な資(史)料の散逸は全国的に問題となっておりますが、指定文化財だけが歴史認識を支える遺産ではなく、過去の人びとの営為を復元できるものならば、すべて資(史)料(地域文化遺産)となり得ます。

文化財団では収集した資(史)料あるいは皆様から寄託または寄贈していただいた古くから家に伝わる貴重な文書類等の整理、保存を行い、後世に継承するとともに、郷土の歴史文化研究のために活用しています。

生田家文書、後楽園関係文書ほか

 

財団NEWS
バックナンバー
財団について
財団の概要
財務に関する資料
イベント情報
県内文化施設の
イベント情報
刊行物紹介
出版物
犬養木堂関係資料
岡崎嘉平太関係
「内田百閒文学賞」
受賞作品集
映像シリーズ
内田百閒文学賞
岡山県民愛唱歌
事業内容
普及啓発事業
地域文化振興事業
文化財等
保護活用事業
受託事業
ご入会のお願い
割引施設一覧