事業内容

事業内容

ピックアップコンテンツ

管理施設

 

文化財等保護活用事業

 

文化財団が直接修復工事を手がけた事業

  • 広兼邸の修復(高梁市)
  • 由加山南参道丁石の復元と道しるべの修復(倉敷市)

 

市町村や団体と共同して修復した事業

  • 熊沢蕃山、山田方谷居宅跡の修復(備前市)
  • 鳥居ケ乢郷土記念物の修復(真庭市)
  • 備前焼天保窯の修復(備前市)

 

岡山後楽園仁王像・四天王像の保存修復

岡山後楽園築庭300年(平成12年)の記念事業として、名園を築庭された池田綱政公が祀った、仁王像と四天王像の損傷が甚だしく、広く浄財を募って修復しました。

 

 

備中漆の復活

かつて漆工芸品はジャパンと呼ばれ、ヨーロッパにおいてもてはやされ、日本文化のシンボル的存在でした。

この漆工芸品を支える良質の漆産地として、岡山県北西部に位置する備中地方は、中世の頃からその名が知られていました。

衰退の一途をたどっている備中漆の復活に、(社)林原共済会と共同して平成6年から取り組んでおりましたが、林原経営破綻に伴い、平成24年4月1日から、文化財団を含む「備中うるし利活用協議会」で引き継ぎました。なお、植栽した漆の苗木は大きく生長し、平成26年3月に真庭市に、5月に新見市に文化財団から寄附しました。

文化財団は、「備中うるし利活用協議会」事務局として皆様のご芳志をいただいた”備中漆を守ろう!”募金を活用して普及啓発事業を支援し、平成26年度は日本伝統工芸展関連事業「もっと伝統工芸 備中漆」展(岡山県立美術館)を共催しました。

平成27年度は第2回 もっと伝統工芸 備中漆展(勝山文化往来館『ひしお』)を9月19日(土)から10月4日(日)まで開催いたしました。

 

 

「岡山後楽園で能をたのしむ会」の開催等

写真

岡山の能楽の普及と振興を図るために平成4年から毎年秋に開催しています。

また、茶摘み祭、お田植え祭、観蓮節、名月鑑賞会などの伝統的な行事を行い、岡山後楽園の活用と伝統の維持に努めています。

 

内田百閒文学碑の建立

岡山市古京町に生まれた内田百閒を顕彰するために、百閒の生家にほど近い旭川河畔「旭川さくらみち」沿いに文学碑を建立しました。

この文学碑は全国の多くの方々から寄せられた募金によって完成し、昭和60年(1985)4月20日の御命日に序幕式を行いました。

設計は、土門拳写真美術館や東京都葛西水族館などの設計で御高名な谷口吉生先生にお願いし、石工事は、イサム・ノグチの作品を手がけた四国庵治の和泉氏が担当されました。

内田百閒コーナーの開設 

 

内田百閒先生の御遺族から文化財団に

寄贈された遺品やゆかりの品々は千点

を超えています。このコーナーでは、

百閒文学や人となりを紹介しています      

 

岡山県庁分庁舎1階ロビー

開館時間:

平日(9:00~17:00)

(土日祝は閉館)

岡山市中区古京町1-7-36

(元三光荘)

 

 

池田光政公御涼所跡整備事業

地元の皆様や土地所有者である岡山県のご理解とご協力をいただきながら、光政公の事蹟を伝えるとともに、この御涼所跡が郷土の誇るべき歴史や文化を知る場として受け継がれることを願い、整備委員会を設けて「甘棠(かんとう)碑(のひ)」の修復と周囲の整備を行いました。

*場所は中之原集会所の前です。

大きな地図で見る

財団NEWS
バックナンバー
財団について
財団の概要
財務に関する資料
イベント情報
県内文化施設の
イベント情報
刊行物紹介
出版物
犬養木堂関係資料
岡崎嘉平太関係
「内田百閒文学賞」
受賞作品集
映像シリーズ
内田百閒文学賞
岡山県民愛唱歌
事業内容
普及啓発事業
地域文化振興事業
文化財等
保護活用事業
受託事業
ご入会のお願い
割引施設一覧